一連课程免费咨询试听0755-88601285 在线预约试听体验课程

一連日韩语言培训学校

中国首家日、韩留学专业语言培训学校
60天快速保过培训

一連日语培训实用日本语鉴定考试(J.TEST)
日本语国际能力测试(JLPT)

一連韩语培训韩国语能力考试(TOPIK)

一連日韩语言培训微信公众号

当前位置:主页 > 新闻资讯 > 一連资讯中心 > 媒体报道 >

15个常用日语接尾词详解总结

文章出处:一连语言培训学校日语培责任编辑:一连快速日韩语言培训中心人气:发表时间:2018-10-08 15:33【
有关日语接尾词的日语能力考试题目想必大家已经接触不少,话不多说,来看今天的干货吧~给大家分享日语能力考中最常出现的15个日语接尾词详解,一起利用课余时间来掌握它们吧。
日语初级(N5~N4)级签约保过日语培训课程|业余晚班制日语培训班
一、~得る
"~得る"读"うる",前接动词连用形,表示可能,相当于中文的"能…""会…"等。另有否定形式"得ない"读"えない"过去时形式,"得た",读"えた"。
 
1.この計画は中止になることもあり得る。
这个计划也有可能中止。
 
2.あれはだれにでも起こり得ることだ。
那是谁都可能发生的事情。
 
3.テレビは人々を啓発し教育する「教科書」である一方、人々を欺く「凶器」にもなり得る。
电视一方面是启发、教育人们的"教科书",另一方面又有可能成为欺骗人们的"凶器"。
 
4.この難問を解きえた人はまだ一人もいない。
还没有一个人能解开这道难题。
 
5.これは個人の力では絶対になしえないことだ。
这是靠个人力量绝对无法完成的事情。
 
6.そんなこと、あり得ないよ。
那种事,不可能。
 
"~得る"不能前接"優れる"" そびえる"等状态动词。
 
辨:动词的可能态一般只用于意志动词,如"書ける""読める"等。"得る"则既可以用于意志动词也可以用于非意志动词。
 
二、~かけ
前接动词连用形,表示动作、行为刚刚开始及中止等。可译为"刚刚…""一半…"等。"~かけの"是其连体形式。
 
1.腐りかけの魚をカラスの餌にした。
把开始腐烂的鱼充做了乌鸦的食饵。
 
2.仕事はまだやりかけだから、帰るわけにはいかない。
工作还没千完,不能回去。
 
3.その紙袋には編みかけのセーターが一枚入っている。
那个纸袋里有一件织了一半的毛衣。
 
4.食卓には食べかけのパンが残されている。
餐桌上留有还没吃完的面包。
 
三、~かける
作为后缀词语,前接动词连用形
 
(一)表示动作、行为刚刚开始。可译为"刚要…""刚开始…"等。
 
1.タ飯を食べかけたら、友だちが来た。
刚要吃晚饭,朋友来了。
 
2.約束の時間を30分過ぎても来ないので、帰りかけると、向こうから彼女が笑顏でやってきました。
超过了约定时间30分钟还不来,我刚要走,她含笑从对面走了过来。
 
3.彼は「みなさん」と言いかけてやめたが、一体なにを言おうとしたんだろう。
他刚说了句"各位",便闭上了嘴。到底想说什么呢。
 
(二)表示动作、行为中止。可译为"一半"
 
4.建てかけた家。
盖了一半的房子。
 
5.仕事をやりかけたままにしておいで、旅行に出かけました。
工作干了一半便搁置一旁,外出旅行去了。
 
6.読みかけていた本を弟にやった。
把读了一半的书给了弟弟。
 
辨:"~はじめる与"~かける"除在用法上有听差异外,前接词也各不相同。"~はじめる"一般前接继续动词。"~かける"则既可前接继续动词,也可前接瞬间动词。
 
四、~がち
前接体言、动词及部分助动词的连用形,多用于消极事项,表示"容易""常常"等意。"~がちに"已是其连用形式。"~がちな"" ~がちの"是其连体形式。
 
1.彼女は小さいころ病気がちで、あまり外で游ばなかった。
她幼时常常生病,不怎么在外面玩。
 
2今の学生は試験がないと、とかく怠けがちになる。
如今的学生没有考试便容易偷懒。
 
3これはありがちな間違いだ。
这是常有的错误。
 
4近ごろ、曇りがちの天気が続き、どこへも行けない。
近来,一直阴天,哪也去不了。
 
五、~がる
前接形容词、形容动词及愿望助动词"たい"的词干,使前接词成为一个带有客观叙述色彩的动词,表示"そのように感じる(思う)"等,即觉得、感觉。主要用于第三人称。
 
1.人の嫌がる事はなるべく止めよう。
尽里不要做人们厌恶的事情。
 
2.動物をかわいがる人に悪い人はいない。
宠爱动物的人中没有坏人。
 
3.弟は新しいものを見ると、すぐほしがる。
见了新的东西,弟弟就立刻想要。
 
4.酒を見ると,すぐ飲みたがる人がいる。
有的人见了酒就立刻想喝。
 
常接的词还有:悲し~、楽し~、懐かし~、暑~、偉~、通~、强~、不思議~等。
 
辨:表示人类情感的形容词在作谓语时多表示第一人称的情感。如表示第三人称的情感,需在词干后加"~がる"或附着其他的谓语附属成分,如"~のだ"等。
 
○彼がうらやましい。
我羡慕他。
 
○彼はうらやましいのだ。
他似乎很羡慕。
 
六、~気味
前接用言连体形、体言,表示具有某种程度轻微的倾向、色彩等,多用于消极事项。可译为"有些…倾向""有点…的样子"等。
 
1.試験を一週間後に控え、学生たちは皆焦り気味だ。
一周以后考试,学生们都显得有些焦急。
 
2.あまり運動しないので、ちょっと太り気味だ。
因为不怎么活动,有点发福。
 
3.始めての演説なので、彼女は少し緊張気味だった。
因为是头一次演讲,她显得有些紧张。
 
4.今日は少し風邪気味で、頭が痛い。
今天有点感冒,头疼。
 
七、~きる
前接动词连用形。另有"~きれる"" ~きれない"等形式。
 
(一)表示完结'可译为"完""光"等。
 
1.辞書に頼って、やっとこの小説を読みきった
靠着字典,好不容易读完了这本小说。
 
2.母からもらったお金は使いきってしまった。
从母亲那里得到的钱全用光了。
 
3.マラソンコースを走りきった。
跑完了马拉松全程。
 
4.この本は一週間で読み切れる。
这本书一个星期能够读完。
 
5.こんなにたくさんの料理、一人では食べきれないよ。
这么多的饭菜,一个人吃不完啊。
 
(二)表示达到了极限。可译为'完全""彻底"等
 
6.長い人生、ときには思い切ることも必要だ。
在漫长的人生中,有时也需要断念舍弃。
 
7.生徒は先生を信じきっている。
学生完全相信老师。
 
8.困ることが次々と起こり、もう疲れきってしまった。
令人为难的事情一件接一件。已经是精疲力尽了。
 
9.また失败しましたが、どうしても諦めきれません。
又失败了,但实在是不死心。
 
八、~げ
前接形容词和形容动词的词干及动词连用形、体言等。表示"……的样子"“……的神态”等,类似于"~そうだ"" ~らしい",即从外表看具有前接词的成分。
 
1.家の外で子猫が悲しげにほえている。
屋外一只小猫在哀叫。
 
2.あの子供はかわいげのない子供だ。
那个孩子是个不讨人喜欢的孩子。
 
3.不安げな様子で行ったり来たりしている女の人はだれだろう。
不安地走来走去的女人是谁呢。
 
4.彼は自信ありげに「ぼくはできる」と言った。
他自信地说"我会“。
 
5.これぐらいのことで怒るのは、大人げがない。
为这么点事生气,太没大人风度。
 
"~げ"一般不能用于第一人称。常用的形式有"~げに""~げな"" ~げ"等。
 
九、~だらけ
前接体言,多用于消极事项,表示沾满、净是等意思,可译为"满是…"“沾满…”等。
 
1.彼は借金だらけで、何度も自殺を図った。
他债台高筑,几次企图自杀。
 
2.雨の中を走ってきたので、足が泥だらけになってしまった。
因是冒雨跑来,脚上沾满了泥。
 
3.犬に手を噛まれて、血だらけになった。
被狗咬破了手,鲜血淋淋。
 
4.この文章は间违いだらけで、直しようがない。
这篇文章错误百出,无从修改。
 
十、~っぽい
前接各类词,使前接词成为一个形容词
 
(一)前接体言及形容词、形容动词的词干,表示较浓地带有前接词所具有的成分、性质、状态等。可根据具体情况灵活翻译。
 
1.彼女はもう大学を卒業したが、子供っぽいところがまだある。
她已经大学毕业了,可身上还有孩子气的地方。
 
2.あの白っぽい洋服を着ているいる人はBチームの選手です。
那个身着白西服的人是B队的选手。
 
3.いたずらっぽい坊やです。
调皮捣蛋的男孩。
 
(二)前接某些与心理状态有关的动词的连用形,表示该动词听具有的状态等经常发生。可译为"动辄…""易…"等。也可根据具体情况灵活翻译。
 
4.弟は飽きっぽい人で、何でも長くは続きません
弟弟是个没常性的人,什么事都不能持久。
 
5.母に死なれてから、父は忘れっぽいくなりました。
母亲逝世后,父亲变得好忘事了。
 
十一、~ぬく
前接动词连用形
 
(一)表示"最後まで~する",即持续到底。可译为"…到底""一直…"等。
 
1.もう決めた以上最後までやりぬくんだ。
既然已经决定了,就应该干到底。
 
2.どんな逆境でも、生き抜く勇気を持とう。
无论身处伺种逆境,都要有活下去的勇气。
 
3.ついに2千メートルを走りぬいた。
终于跑完了2千米。
 
(二)表示程度达到了最大的限度。可译为"很…"“非常…”等。
 
4.その時は、金がなくて困りぬいた。
那时候,手里没钱,难极了。
 
5.苦しみぬいてきた人だから、大丈夫。
我是个吃尽了苦的人,没关系。
 
辨:"~通す"与"~ぬく"用法相似。但"~通す"只表示某状态在时间上持续到最后,没有"~ぬく"的第二种用法。因此,可以说"弱りぬく",而不能说"弱りとおす"。
 
十二、~向き
前接体言,读"むき"。另有"~向きの""~向きに"等形式。
 
(一)表示某物的性质、功用等适合于某类人或事物。可译为"适合于…""合乎于…"等。
 
1.子供向きの料理もあれば、老人向きの料理もある。
既有面向儿童的饭菜,也有面向老年人的饭菜。
 
2.このチャンネノレには子供向きの番组が多い。
这个频道适合小孩的节目多。
 
3.このカクテルは婦人向きで、あまり強くはない。
这种鸡尾酒适合于女士,酒劲不很大。
 
4.こちらの四川料理はちょっと甘い。日本人向きだ。
这儿的四川菜有点甜,适合于日本人。
 
(二)表示朝向、方向等。可译为'朝,''面向"等。
 
5.南向きの部屋に住みたい。
想住进朝南的房子。
 
6.横向きの写真を撮る。
照侧身像。
 
7.左向きに置いてください。
请朝左摆放。
 
十三、~向け
前接体言,读"むけ".另有"~向けの"" ~向けに"等形式。表示以为对象。可译为"向'"对"等,也可根据具体情况灵活翻译
 
1.输出向けの制品はみな厳格な品质検査を受けている。
出口产品都经过严格的质量检查。
 
2.わが国も、日本人向けに右ハンドルの车を输出している。
我们国家也出口面向日本人的右侧驾驶汽车。
 
3.これは中国の日本语学习者向けに作られた教科书で、なかなかおもしろいです。
这是为中国的日语学习者编纂的教科书,很有意思。
 
十四、~おき
前接与时间、距离有关的数量询,表示有规律的重复。可译为"每"" 每隔"等。"~おき"的最常用形式是"~おきに"
 
1.1メートルおきに木を-本植える。
每隔1米种1裸树。
 
2.「エルニーニョ現象」は2年おきに発生するそうだ。
据说"厄尔尼诺现象"每2年发生一次。
 
3.この薬は4時間おきに飲んでください。
这个药请每4小时服一次。
 
4.「毎日、病院へ行くんですか。」「いいえ、二日おきです」
"你是每天去医院吗?""不,隔二天去一次。"
 
十五、~ごとに
前接体言、动词连体形。汉字为"に".
 
(一)以"数量词+ごとに"的形式,表示后述事项以该数量为单位,有规律地每隔一个数量单位便出现。可译为"每……""每隔……就……"等。
 
1.5人ごとにグループを作る。
每5人组成一组。
 
2.この柱時計は1時間ごとに鳴る。
这个挂钟每隔1小时鸣响一次。
 
3.北京駅行きのバスは5分ごとに出る。
开往北京车站的公共汽车每5分钟发一辆。
 
(二)表示"何かするたぴに、だんだん",即随着前述事项的重复或数量、程度有规律地增减,后述状态都相应地发生变化。可译为"每……就更加……"等,也可根据具体情况灵活翻译
 
4.一雨ごとに春めいてくる。
每飘落一场雨,春意便浓一分。
 
5.そのチームは一試合ごとに強くなってくる。
那个(运动)队赛一场强一场。
 
6.1000メートル登るごとに気温が6度ずっ下がるそうだ。
听说每升高1000米,气温便下降6度。
 
(三)以"名词+ごとに的形式,表示对同类事物中的每一个都毫不例外地同等对待。可译为"每……"""都……"等。
 
7.日曜ごとにプールに行く。
每星期日都去游泳。
 
8.家ごとにビラを配る。
挨家挨户散发传单。
 
9.会う人ごとにあいさつを交わす。
见人就打招呼。
 
辨1:"~おきに"的前接词只能是与时间、空间有关的数量词。"~ごとに"的前接词既可以是数量词,也可以是普通名词。
 
辨2:"ごと"还可前接体言,表示"连……一起""连同……"等意。但"~ごと的这种用法一般不能使用汉字"每に".
 
○ケースごと宝石を盗まれた。
连盒子带宝石一起被盗了。
 
○りんごを皮ごと食べる。
吃苹果连皮吃。
 
○家を地所ごと買います。
连房子带地皮一起买。